うちの主人は時々頭重の症状が出ます。昔は頭痛などほとんどなかったので不安になり脳神経外科を受診しました。

頭重感のつらさと症状について
頭重感のつらさと症状について

うちの主人の頭重の症状

頭重感のつらさと症状について
うちの主人は時々頭重の症状が出ます。昔は頭痛などほとんどなかったのに30代後半くらいから序々に出始めたようです。わりと頻繁に症状が出るようになった40歳頃、不安になり一度脳神経外科を受診しました。脳梗塞とかクモ撒膜下出血が心配ですからね。その時はMRIをやって画像を見てみたけど、特に異常はないうえに細くなってるところもなく全くもってきれいですと言われたのです。結局この症状の原因ははっきりせず、偏頭痛と診断されました。えっ?偏頭痛?ちょっとびっくりしました。主人もまさか自分が偏頭痛なんて?と思ったようです。というのも妻の私は小さい頃から偏頭痛持ちで頻繁に具合悪くなっては苦しんでいました。それを近くで見ていて全く自分の症状と違うと思っていたからです。
私の偏頭痛の症状はまず前触れがあります。目に陽炎のようにギザギザひかるものが出ます。それがだんだん目の中で大きくなって次第に消えます。消えた頃激しい痛みと吐き気が襲います。こうなると痛み止めも効かず、一日がかりの苦しみとなります。最近は自分なりの対処法をあみだして、鎮痛剤をギザギザの時点で飲むといくらか和らぎます。私もMRIをやりましたが異常なく典型的な偏頭痛と言われました。その時処方されたよく効くという薬は私には合いませんでした。主人もそうでした。なので主人は針治療をしてもらったりして、楽になったような気がするとは言ってました。偏頭痛の原因は最近解明されつつあるみたいですね。でも私の場合は原因は有って無いようなものだと感じます。主人は自分では睡眠不足やストレスが続いた時に頭重の症状がでるようだと言っています。偏頭痛って色んなタイプと症状があるんですね。分からないとみんな偏頭痛にされちゃうような(笑)とにかく偏頭痛は不快なものであることには変わりませんね。

おすすめ情報

Copyright (C)2017頭重感のつらさと症状について.All rights reserved.