たかが頭重と、人にはなかなか理解してもらえない症状ですが、原因を知ることが改善の手助けになればと思います。

頭重感のつらさと症状について
頭重感のつらさと症状について

頭重の症状を改善するには

頭重感のつらさと症状について
頭が重く感じることを頭重といいます。頭重だけではなく、頭痛やめまい、ふらつくといった症状を伴う場合も多いようです。症状がひどくなると、脳梗塞や脳内出血などの脳の重大な病気ではないかと脳外科病院を受診する方も多くいます。この頭重の原因として考えられるのは、筋肉の収縮・血管の収縮・自律神経の異常などです。頭の筋肉が収縮して頭を締め付けることで頭重を引き起こすのです。筋肉の収縮の原因はストレスによるものですから、改善策はストレスの原因を無くしたり、リラックスすることを心がけるということになります。血管の収縮が原因の頭重の場合は、ストレスから開放された時に、それまで収縮していた血管が開放されることで起こります。血流が脈打つことを感じますから、それで判別することができます。ストレスから開放されてリラックスすると症状が出てしまいますので、根本的な原因であるストレスを完全に無くさないと、症状が繰り返されることになってしまいます。
筋肉や血管の収縮が原因の場合は、主に50歳代までの方に比較的多く見られるものでした。これ以上の年齢になると自律神経の異常による更年期障害による頭重も原因としてあげられることが多くなります。この場合の頭重は、めまいやふらつきの症状がさらに大きく伴うことが特徴です。年齢も重ねていますので、肩こりなどと併発して症状が発生するととてもつらいものとなります。症状が重いとストレスも多くなり、さらに症状が悪化するという悪循環に陥る場合も考えられます。早めに病院での診察を受けて適切な処置を受けるようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017頭重感のつらさと症状について.All rights reserved.